楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

星と森のロマントピアそうま 星の宿白鳥座 観光案内

  • クチコミ・お客さまの声(240件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
日帰り客のいない朝風呂は、貸切状態ですっかり長湯してしまいました。曇っていて露天風呂から岩木山が見えなかったの...
2016年08月16日 14:18:21
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

 青森にだって歴史はあるんです!

本州のはずれにある青森県。面積が全国8位の青森県。地形がわかりやすく認知度が高い青森県。
太宰治さんや吉幾三さんの出身地が青森県。日本の総人口の1%が青森県!
三内丸山遺跡があるように、縄文時代からの歴史が青森にはあるんです!(田舎だけど)
ちなみに弘前県があったということはご存じでしたか?明治時代の頃、一時的ではありますが県庁も弘前にあったことがあるんです。(大した話ではないけど)
全国的に有名な桜の城「弘前城」や世界遺産「白神山地」、津軽富士「岩木山」など弘前市近隣の観光について少しですがご紹介いたします。

 桜の城「弘前城」

津軽統一を果たした津軽氏の居城、弘前城天守や、やぐら、城門が当時の姿を今に伝える公園です。
広さ約49haの園内には、ソメイヨシノを中心に約50種2600本の桜が咲き誇ります。一周約2時間、ゆっくり歩いて歴史を体感してみては。
右の写真は西ぼりと呼ばれる弘前公園の西端にあるおほりです。
両岸には桜の木がアーチ状に植えられ、春は桜のトンネルとなって人々を魅了します。ボートからの眺めもよ良く、夜桜は幻想的です。

 津軽富士「岩木山」

津軽平野にそびえる美しい二重式火山、それが岩木山です。
鳥海火山帯に属する円錐形の休火山で、標高は1625mあります。
山頂が三峰に分かれて、巖鬼山(がんきさん)と鳥海山は外輪山の一部であり、鐘状の中央火山が岩木山となります。
その美しさから「津軽の富士」「奥の富士」「岩木の山」など古くから様々な名称で呼ばれています。

 洋館の町

弘前の街で出逢う、とんがり屋根の洋館や煉瓦の教会の数々。
スタイリッシュな建物は100年の時を越え、ノスタルジックな世界へといざなう。さあ、浪漫の街 弘前を一緒に旅してみよう!

 歴史と伝統の城下町

街の中の広大な敷地にそびえる弘前城天守をはじめ、寺院や武家屋敷、商家が軒を連ねる 伝統的建造物群など、弘前は長い歴史を感じさせる街です。
さりげない城下町の風情を探しに出かけてみよう。

  

 世界遺産「白神山地」

世界遺産 白神山地は、青森県と秋田県の県境にまたがる広大な山岳地帯です。
平成5年12月にに世界遺産に登録されました。 ブナの木々はもちろんのこと珍しいな花や、大自然の森を棲み家とする珍しい鳥や動物たちの住み家になっています。
白神山地の語源とは?
白神川の上流は雪どけの頃、白い水が急流となって流れることから、白い川の上にある山「白神山」から名づけられたとされています。 また、昔、白髪の老人が山の中腹 に住んでいたことから「白神」と呼ばれるようになったという2つの説があります。

 弘前市のまつり「春」

桜の古城」として全国的に有名な弘前公園の桜はソメイヨシノを中心に約二千六百本の桜が園内を埋め尽くします。
古城の白壁、老松の緑、夜間照明に照らされた夜桜の 競演は言葉を失うほどの美しさです。
弘前さくらまつり (4月23日〜5月5日)

 弘前市のまつり「夏」

極彩色豊かに描かれた武者絵は夜空を焦がし、重低音を響かせて鳴る太鼓の鼓動は人々の郷愁をかきたて、感動と興奮の中で津軽の夏は一気に燃え上がります
弘前ねぷたまつり (8月1日〜8月7日)

 弘前市のまつり「秋」

古城の松の緑に映えて、約一千本のもみじの紅葉は美しい色彩を放ち、情緒ある秋を感じさせます。
また、まつりの会場では、豪華な菊人形を中心に香り高い多数の菊花が所狭しと咲き誇ります。
弘前城菊と紅葉まつり (10月中旬〜11月上旬)

 弘前市のまつり「冬」

冬の弘前城は、白一色の詩情豊かな雪景色となります。
そして、まつりの時期、園内は約五十基の雪灯籠が立ち並び、本丸からは約三百基のミニカマクラ群を望むことができ、人々を幻想の世界へと誘います。
弘前城雪灯籠まつり (2月中旬)

このページのトップへ