楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

赤湯温泉 丹泉ホテル 温泉

  • クチコミ・お客さまの声(421件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
晩は部屋食でゆっくりできた。味も良い。ただ、煮魚や天ぷらが冷めていたのが残念。。温泉は大満足。両方の風呂の違い...
2016年11月30日 19:57:36
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

  • トップページ
  • お料理
  • お部屋
  • 温泉
  • 館内施設
  • 交通アクセス
  • オススメプラン
  • 予約

プラン一覧

プレゼントのご案内

温泉

大浴場2つのどちらにも、露天風呂が併設されております。庭園を眺めながらのお風呂は、ひときわ野趣を誘います。
春・夏は新緑。秋は紅葉と少し冷たい風。冬は雪化粧した赤湯温泉の景色を見ながら温泉をどうぞ。昼と夜でも、全く違った趣を見せてくれます。

 

庭園が、季節の移ろいを教えてくれる露天風呂"玄武"。
ごつごつとした岩風呂に身を沈めて、かつて赤湯を開湯した武士に思いを馳せてみては。

 

小ぢんまりとした露天風呂"朱雀"は、隠れ家のような温泉。
ひとりでゆっくりと浸かって、赤湯温泉を独り占めしてください。

※露天風呂は、安全面に配慮して、冬期間深夜0時〜朝6時まで閉鎖させていただきます。ご了承ください。

まったく異なる顔を見せる2つの大浴場。
「いろいろな趣で温泉を楽しんでもらいたい」という館主の想いから生まれた2つの温泉を、是非お楽しみください。

営業時間:チェックインからチェックアウトまで、お好きな時間にお入りいただけます。(清掃 10:00〜15:00)

 

古代ローマ人もお風呂が大好きで、浴場は語らいの場であったと言われています。
そんな古代ローマをイメージしたお風呂。大理石を用いた内装、語らいの輪が広がる円形の浴槽で、浪漫あふれるお湯をどうぞ。

 

檜(ひのき)の香りに満ちた大浴場。木のやわらかさとぬくもりがあふれます。
足をのばして、体をほぐして、赤湯の柔らかいお湯、ひのきの香り、お湯の流れる音。
五感で楽しめるお風呂です。

プライベートで楽しめる、貸切家族風呂もございます。総檜のゆったりとした浴槽が自慢。
ご家族で、友人同士で、恋人同士で。プライベートな空間で、温泉を心行くまでお楽しみください。

浴槽内、洗い場に手すりがついています。
ご年配の方や、体が不自由な方にも安心してはいっていただけるお風呂です。(車いすのまま入れます)

※ご利用は、45分1,050円(税込)です。ご予約の際にお申込み下さい。(当日の予約も可能です)

 
檜のお部屋の檜風呂。香りあふれる空間です   バリアフリー仕様です

赤湯温泉は、寛治7年(1093年)に、加茂次郎義綱が手負いの部下をひきつれた時に、発見されました。鳥帽子山のふもとで、岩間からこんこんと温泉が湧いていて、士卒たちはその湯に入ったところ、傷はたちまちに治ったそうです。血のために湯は真っ赤に染まり、そこから"赤湯"という名がつきました。その後、上杉藩の湯治場としても利用され、栄えた湯場です。

かつて江戸時代、温泉効能番付で東の小結にのぼりつめたこともある名湯は、今もなお豊富な湯量で、人の心と体を癒し続けています。

せっかく温泉旅行に来たのだから、温泉を思う存分楽しみたい!という方のために、
当館の温泉はいつでも入っていただけるようになっています。(清掃はお客様のチェックアウト後に行います)

チェックインしてすぐ入るもよし、食事や宴会を存分に楽しんだ後に入るもよし……。楽しみ方は様々です。
また、朝4:00に男湯・女湯を完全入れ替えしていますので、全く趣の異なった2つのお風呂もお楽しみいただけます。

丹泉ホテル(赤湯温泉)のお湯は、弱アルカリ性で非常に肌にやさしいお湯です。
乳幼児でも入れるほどのやさしいお湯ですから、肌が弱く温泉負けしてしまう方にも安心です。
ここ赤湯温泉では、生後間もない赤ちゃんを温泉につける風習があります。
赤ちゃんにとっての初めての温泉を、ここ赤湯温泉でご家族みんなで飾ってみてはいかがでしょうか。

「古代檜風呂」の脱衣所には、ベビーベッドをご用意しています。
赤ちゃん連れでも安心してお入りいただけます。




1. 源泉名 森の山源泉 森の山2号源泉 混合源泉
2. 湧出地 山形県南陽市赤湯字森ー482-2
3. 温泉分析依頼者 南陽市赤湯財産区管理者 南陽市長 荒井幸昭
4. 泉質 含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(低張性弱アルカリ性温泉)
5. 療養泉分類の泉質に基づく禁忌症、適応症等は、次のとおりである。

浴用の禁忌症 皮膚・粘膜の過敏な人特に光線過敏症の人、高齢者の皮膚乾燥症、急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(とくに初期と末期)

浴用の適応性 慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症、やけど虚弱児童、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節こわばり、うちみ。くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進

飲用の禁忌症 下痢の時、腎臓病、高血圧症、その他一般にむくみのあるもの、甲状腺機能亢進病

飲用の適応症 糖尿病、痛風、便秘、慢性便秘、慢性消化器病

このページのトップへ