楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

赤城温泉 花の宿 湯之沢館 小さな宿

  • クチコミ・お客さまの声(27件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
部屋は広く、綺麗に清掃され、畳も新しく気持ちよく過ごしました。食事も美味しくいただきました。但し、量が多すぎ食...
2016年11月10日 07:25:26
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

ぐんまの小さな温泉
湯之沢館
滝と渓流を望む褐色の湯にいにしえが漂う
赤城温泉
湯之沢館
からシトシトと降り続く雨だった。渓谷に張りつくように数軒の宿が見える。湯之沢館は、その奥の奥。一度上った道を、今度は谷に向かい階段で下った。
  玄関で出迎えてくれたのは、5代目若主人の前原義孝さん。お茶を飲みながら雑談をしていると、そこへ先代の前原孝至さんが顔を出した。
 「どうも、ご無沙汰しております。その節はお世話になりました」
  どちらともなく、あいさつをした。湯之沢館を訪ねるのは初めてだが、先代とは以前お会いしたことがあった。私は長年、タウン誌や情報誌の編集をしていたことがあり、赤城神社の下で先代が経営するレストランを取材したことがあったのだ。そのことを先代も覚えていてくれた。
  3人の目の前には「上毛赤城山湯之沢全図」と書かれた絵図が広げられた。明治35年5月30日発行とある。もちろん、これは同館にあった木版画の複製であるが、5軒の旅館と周辺の赤城山の様子がイラストマップ風に描かれていた。
  湯之沢館の創業は明治13年、前身の「新東屋」として開業した。それ以前は、湯治客のために炭やみそなどを売る荒物屋を営んでいたという。当時は10軒を超える宿屋と商店があり、埼玉方面からの湯治客で大変にぎわっていたようだ。明治37年には、詩人の与謝野鉄幹や高村光太郎らが、赤城山の帰りに投宿している。
  その文人たちが愛した湯は、渓谷を望む露天風呂で、茶褐色ににごっていた。旧泉質名を含芒硝・重曹鉄泉という、鉄分を多く含む炭酸泉である。昔からリウマチや神経痛に良く効くといわれている湯だ。
  数名の先客がいた。埼玉県から来たというサラリーマンは「デスクワークで肩凝りがひどくて、仕事が早く終わった日は車を飛ばして来る」のだと言った。私が「わざわざここまで来なくても、近くにも日帰り入浴施設があるでしょう?」と聞くと、「人がいっぱいで疲れがとれません。ここは自然がいっぱいあります」と、山並みを指さした。
  手をのばせば届きそうなところで、玉すだれの滝が雨音に負けじとばかりに、ゴーゴーと水しぶきをあげていた。
宿泊プラン一覧をみる
(C)2010 Jun Kogure / Hajime Kuwabara
湯之沢館
湯之沢館 湯之沢館
湯之沢館
源泉名 沢渡温泉 県有泉
湧出量 135リットル/分(動力揚湯)
泉温 54.8度
泉質 カルシウム・ナトリウム一硫酸塩・塩化物温泉
効能 神経痛、リウマチ、高血圧症、動脈硬化症ほか
温泉の
利用形態
加水なし、加温なし、放流一部循環
▲ページトップへ
宿泊プランをみる

このページのトップへ