楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿 平家の庄 平家の歴史

  • クチコミ・お客さまの声(1306件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
リーズナブルなお値段にもかかわらず心のこもったおもてなしとおいしいお料理に大満足のお宿でした。お風呂も今回は時...
2016年12月07日 20:26:23
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

 

施設案内
栃木県奥日光の大自然の山々に包まれた深山幽谷の地、湯西川温泉郷。深山の閑静な渓谷に沿って生まれた湯量豊富な温泉街誕生の発端は、遡ること1185年。天下を二分にした源平の壇ノ浦の戦いに敗れた平家落人が縁戚の宇都宮朝綱(ともつな)公を頼り、関東へ下った後、川治の鶏頂山に隠れしのんで生活しておりました。
敵を避けての生活を余儀なくされた折も折、一族の婦人が男子を出生、皆々「不遇の内にも祥事」と喜び、時も偶然に端午の節句に当たりましたので、ささやかな慶びの思いから残り布をつぎ合わせ、のぼりに仕立て5月の空に上げたところ、平家追討使の目に止まる所となってしまいました。

地の利も悪く、一族の多くはこの地を捨てる決意をし、深手を負いながら奥へ奥へとさらに渓谷を上り、天然の要塞である栗山の地に居をかまえることとなりました。
故に湯西川村落では端午の節句の折にも先祖の悲運を追憶して鯉のぼりを立てず、又時を告げる鶏も飼わない風習が続いております。
また一族はこの地に骨を埋め神として祀られたといわれております。
この神の祠が湯西川の高房神社であり、一族の霊を供養する墳丘が川俣や湯西川の地にある平家塚であります。
(『平姓大類系譜』の資料より)

人目を憚りひっそりと暮らしておりました或る日、降っても降っても雪が積もらない箇所を発見。
不思議に思って手を入れたところ、川原に湧き出る温泉を発見しました。温泉の湧き出る所ならば子孫の内、誰かは掘り起こすであろうと、先祖伝来の財宝・秘宝、武具、鎧、兜、金の延べ棒等を秘かに埋め、その後も温泉の事を漏らさず、共に不自由を忍び深山の生活に甘んじ続けたのであります。

1573年(天正元年)、11代の時を経て先祖と同様、雪の日にこんこんと湧き出る温泉と多数の宝物が発見され、豊富な湧出量が自慢の湯西川温泉郷が誕生いたしました。
また、これら財宝の一部は採掘後、大類氏の手によって保管され、現在では平家落人民俗資料館(平家の庄姉妹店)にて展示閲覧することができます。
当旅館(桓武平氏 ゆかりの宿 平家の庄)の館主は、平安の時代から現在に至るまで大類という姓を名乗り、平清盛に代表される桓武平氏の流れを引く末裔という説があります。
※平姓大類系譜図参照

一族は平安時代には、埼玉県、群馬県で勢力を誇示しておりました。
大類氏は始祖:大類五郎左衛門尉行義の祖父:児玉行重が桓武平氏の流れを引く秩父重綱(畠山重忠)の養子になったことから、平姓大類氏の子孫といわれており、「平姓大類系譜」という資料にも残されております。

当旅館館主も大類五郎左衛門尉行義の流れを引く一族であり、初代館主(江戸時代中期)から数えて十二代目、桓武平氏の時代から数えると三十八代目の当主が継承しております。

当旅館は、日光東照宮参りの拠点として、1718年(享保3年)創業以来、日本の皇族方・政財界の方々・海外からの国賓を幾度となくお迎えするなど、数百余年の歴史を積み重ねてまいりました。
この度、昔懐かしい古民具の数々・・・“古き良き時代への時感(じかん)旅行”をコンセプトに、お食事処・温泉施設・ロビー・庭園などをリニューアルいたします。
築150年の旧栗山村(くりやまむら)村長邸(平姓大類家)を再生。日本ならではの情緒あふれる調度品の中に溶け込んだ快適性を追求した最新の設備。
古民家の本来の魅力である木の暖かみを最大限活かしながら、照明や家具・調度には現代的な美的感覚を取り入れ「レトロモダン」な空間を実現。
「ほっとするけどお洒落」な時感(じかん)をお過ごしいただけます。


予約プラン
フォトギャラリー
湯けむり号のご紹介
平家の庄 〜平家の歴史〜
平姓大類氏について

このページのトップへ